波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「ゲネプロ」

約 1 分

%e5%ae%87%e9%83%a8%e8%88%88%e7%94%a3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88_20161016_1_001当直明けの一昨日、毎年恒例の「宇部興産グループチャリティコンサートへ行ってきました」…と書きたいところですが、なにせ高倍率のチケットで、発売すぐ完売してしまうため、いままで一度も行ったことがありません。

ただ、そこは伊達に「チャリティー」ではありません。コンサート前日には市内の学校や病院で団員が演奏したり、生徒を指導したりと行った催しも行われ、チケットをとれなかった人も一流のクラシックに触れる機会を持つことが出来ます。

本公演は昨日の午後からだったのですが、その前の通し稽古である「ゲネプロ」に市内の小学生は応募することが出来ます。

我が家も早速応募、なんとかチケットを確保することが出来ました。

娘を伴って渡辺翁記念会館に到着。

ゲネプロ開始前、指揮者の大友直人さんが、「東京でしっかり合わせてきているので、普通に聞いていただくだけです」との発言をされていました。

まず、ソリストの南さんを交えて通しが行われ、これはスイスイと予定通りに演奏が終わったのですが、だんだんと大友さんの熱が入り始め、皆の見ている通し稽古で結構細かいチェックが入っていました。

普段見ることの出来ないゲネプロを鑑賞でき、チョット得をした一日。充電完了です。

また今週も頑張って参りましょう。