波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「帰ってきたヒトラー」

約 1 分

グローバル化とアンチグローバル化が交錯する現代。

こういった映画が作られるのは必然なのかもしれません。

一人称で語られる小説の方が内容が濃く、ヒトラーの自問自答に現代の風刺が透けて見えます。

映画の方が笑いの要素が多いのですが、フィクションとノンフィクションが交錯する本作。

キャッチコピーにあるように「笑うな危険」だと感じました。