波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「在宅医療をはじめよう!」

約 1 分

「在宅医療をはじめよう! 」
~非がん患者の自宅での看取り~
永井 康徳 (著), 永吉 裕子 (著), こしのりょう (イラスト), 矢野道子 (イラスト)

「在宅医療に取り組む医師をいかにして増やすか?」

質の向上も大事ですが、やはり裾野を広げるための量的な問題も避けては通れません。

「まず始めてみる」

これが何ごとにおいてでも、なによりの近道なのですが、最初の一歩が出にくいのが在宅医療です。

学生時代にそういったことを学ぶ機会があれば、最初の一歩を踏み出すハードルは下がると思うのですが、現在第一線で働いている医師は学生時代にそういった経験をしてこなかった人がほとんどです。

「在宅医療に取り組んでみたいのだけど…。」と思いつつ、最初の一歩が出ない人にお勧めの一冊。

「在宅医療」=「看取り」と取られかねないサブタイトルで、そこだけは残念なところですが、これについてはまた別の機会に。

内容紹介:
プロローグ 私が「在宅医療をはじめよう! 」と思ったとき
第1 話 なぜ今,在宅医療なのか?
第2 話 在宅医療の興し方
第3 話 カンファレンスの質を高める
第4 話 最期まで食べることをあきらめない!
第5 話 チームづくり・連携は自らの無力さを自覚することから始まる!
第6 話 訪問看護を活用して在宅医療の質を高めよう!
第7 話 枯れるように逝くということ1
第8 話 在宅療養マネジメント能力をUPしよう!
第9 話 医療保険の訪問看護 完全攻略!
第10 話 枯れるように逝くということ2
第11 話 在宅医療のニーズがない地域でニーズを生み出す!
第12 話 退院支援と在宅医療の制度について
エピローグ 家で看取ると云うこと