波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「医療事務研修会」

約 1 分
無断転載禁止です。

昨日、夕方までの外勤仕事を終え、山口グランドホテルで行われた「医療事務研修会」に行ってきました。

昨今の保険診療というのは年々その複雑さを増し、一人ですべてを把握している人はいないのではないかと思えるような難しい内容になっています。私にとっては患者さんの治療以上に難しい課題かもしれません。

特に在宅医療の保険請求については2年ごとの改定のたびにどんどんと厳しく、細かい規則が増えてがんじがらめになっていますね。

国は在宅医療を推進するかのごとき方針を唱えていますが、現場の実情としては年々在宅医療のハードルが上がっている感じがしてなりません。

継続的に在宅医療を提供していくためには、「ただなんとなくやっている」というのではなく、きちんとした知識とそれを使う厳しさを持ち合わせている必要があります。(趣味や酔狂でやっているわけではないので当たり前のことですが…。)

さて、肝心の研修会ですが、超特急で何百ページもあるテキストを飛ばし読みしていくいつものやり方だったのですが、これが意外とわかりやすくポイントを教えてもらえるのでとても密度の濃い時間でした。

関係各位に感謝申し上げます。(遅くまで研修会に参加してくれたスタッフにも感謝です)

おまけにいまの私を育ててくれた「いしいケア・クリニック」の人たちにも久しぶりに会うことが出来ましたし、とても良い一日の終わりでした。

これを活力に、また今日も診療に励みたいと思います。