波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「締め切り迫る:肺炎球菌ワクチン」

約 1 分
無断転載禁止です。

毎日大忙しの年度末ですが、何かをし忘れているようで、何が何だかわかりません。

運転免許の更新などは(悪気はなくても)忘れてしまったら後々大変なことになります。
(立場のある人がやってしまったら、まるで極悪人のごとくたたかれてしまいますね)

さて、そのほか忘れてはいけないのが予防接種です。

怒られることはありませんが、肺炎球菌ワクチンは人によって(公費補助で)受けられる期間が決まっているので要注意です。

一回打つと5年間は有効といわれていますので、対象期間を過ぎてしまうと、少なくとも5年間は公費補助はありません。(現在行われている肺炎球菌ワクチンも5年後にまた公費補助があるかどうかは不明です)

対象となっている人、(平成28年4月2日~平成29年4月1日に65・70・75・80・85・90・95・100歳になった人、なる人)は今月末までが期限です。

忘れずかかりつけでご相談ください。