波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「病院ベッド、39道県で過剰」って本当か?

約 1 分
日経新聞の電子版から転載

日経新聞の電子版を購読しているのですが、2/22に気になるニュースがスマホに通知されました。

「病院ベッド、39道県で過剰 不要な入院招く懸念 医療費抑制へ知事に権限」
(日経新聞電子版:2018/2/22 23:03)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27258050S8A220C1MM8000/

山口県は第三位にランクインしているのですが、ふだんから在宅医療に関わり、病院に頼み込んで入院をお願いしている身からは、

「本当か?」という疑念があります。

これはデータに基づいたものではなく、肌で感じることなのですが、本当にベッドは過剰なのでしょうか?

入院できず(させられず)に困るたび、バランスの悪さを感じます。

「何が何でも削減ありき」で在宅へ移行というのもなんだか乱暴な気がして…。

皆さんはどう思われるでしょうか?