波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

四足歩行

約 1 分

四足歩行「凄まじいスピードで疾走する四足歩行男 イトウが来る!! 」 (2009) 出演 四足男 いとうけんいち

 さて、家内の急性腰痛症もだいぶ改善し、なんとか日常生活が出来るようになりました。
 私もなったことがありますが、そのときは四足で這って室内を移動していた覚えがあります。

 二足歩行が困難になったときの四足歩行には、合理性があるように感じます。

 腰痛は人類が二足歩行になった代償だと言われていますが、生まれたときは四足で、その後二足歩行になり、いずれまた四足歩行になるのでしょうか。
今回のことがあり、四足歩行で有名なこの人を思い出しました。

 このビデオの時(2009年)は20.28秒/100mだったのですが、その後2013年の世界大会では、16.87秒の正解新記録で優勝しています。進化?しているのです。

この方の場合はスピード重視ですが…。

まじめな話、「四足歩行」の介護への応用は出来ないもんでしょうか?

肘当てや膝当てなど工夫すれば、歩行が不安定な人でも転倒のリスクがなく移動できそうです。

 小さい子供が階段を上り下りする場合はたいてい四足歩行になってますし、ハシゴなんかだと四肢を使わないと無理ですよね。

 普段から足腰を鍛えるだけでなく、腕も鍛えておく必要がありそうです。

 しかし、冷静に考えると、介護施設で四足歩行と二足歩行が混在した場合、事故の原因になりそうで…。
 まぁ、それ以前に却下ですかね…。