波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「ショーシャンクの空に」

約 1 分

ショーシャンクの空に 「ショーシャンクの空に」  スティーブン・キング (原作), ティム・ロビンス (出演), モーガン・フリーマン (出演), フランク・ダラボン (監督) 

 1994年の名作です。実は名作だと思ったのは公開数年後です。その少し前に同じスティーブン・キング原作の「ペット・セマタリー」というホラー映画を観ていたのですが、これがまた何というか私にはあまり合わず、途中で寝そうになりました。私はホラー小説も好きで、とても楽しみにしていたのですが、安易な映画化のためか全くの空振りで、「スティーブン・キング原作の映画は観ないぞ」と思っていました。(ペット・セマタリーも原作はそれなりに良かったのですが…)
 そのため「ショーシャンクの空に」は公開されても全く興味がなく、映画館では観なかったのです。

 「ショーシャンクの空に」は周りで高評価だったので、後日観てみたら、これがびっくり、とても良いできなんですね。映画館で観るべきでした。

あらすじ:
 ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達係”のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。そんなアンディが入所した2年後のあるとき、アンディは監視役のハドレー主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく・・・。

  主人公は鉱石マニアなのですが、これが最後の最後まで意味を持ってつながっていきます。ラストシーンの美しい光景はずっと見ていたいものでした。

  モーガン・フリーマンもいい味出しています。まだ観ていない人にはお勧めです。