波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

『杉 真理&村田和人の感謝!還暦ツアー』その2

約 1 分

murata004_R 私が大好きな村田和人。念願かなってライブに行くことが来ました。

 結構ファンと近い人なので、気軽に行けば良いのですが、ちょっと気恥ずかしいので今まで延び延びに。

 息子も村田和人を気に入ってくれたので、子供をだしに一家4人で、えいやっと、行ってきました。

 開業準備で疲れていた私への家族からのプレゼントだと思ってます。(まあ、全員分のチケット代金は私が払ったのですが…。)

 4人でライブに行くのは、一昨年のウイーンフィル広島公演以来です。
 開場が「OTIS」向かいの「広島市文化交流会館」だったのも何かの因縁でしょうか。
 内容はあまりにも違うのですが、どちらも良いライブでした。

 さて、村田和人ですが、あまり一般には知られていません。
 周囲に聞いても、杉真理の名前はなんとか知っていても、村田和人のことを知っている人はあまりいません。

 1980年~90年代に割と活躍していて、本人の歌と言うより、CMソングを歌ったり、いろんな人に楽曲を提供していて、それが有名なこともあります。児島未散、香坂みゆき、阿部 寛、吉田栄作、光GENJI等々、古いところだと堀ちえみなどにも楽曲提供しています。

 ちなみにフジテレビ「めざましテレビ」の最初の主題歌は「君の自由」という村田和人オリジナルの歌でした。

 というわけで、一般的な知名度は絶望的なまでに低い村田和人ですが、私にとっては大学時代振り返るときになくてはならない「ノスタルジーの鎖」なのです。

 80年代から1995年までは、1-2年に1枚のペースでコンスタントにアルバムが出ていたのですが、「sweet vibration」という作品を最後に、しばらくアルバム制作から遠のいてしまいます。

 そして2008年の「Now Recording」、2009年「ずーーっと夏。」で(私にとっては)衝撃的な復帰を果たします。

 この間13年間、私は「引退したのだろうか?」「病気でもしたのではないだろうか?」と考えていたのですが、どうやらそうではなかったということが、先日のライブで明らかになりました。

 長くなりすぎましたので、この続きはまた明日。

 (まだ引っ張りますか?)
 いや、波乗りクリニックを運営していく上で、とても大事なことなので…。