波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

診療報酬明細書

約 1 分

レセプト開業後も日々の業務は、止まることなく動き続けます。

一日、一週間、一ヶ月、それぞれに節目があります。

医療機関の場合は一ヶ月が非常に大事な節目です。

毎月末に会計を締め、月ごとに「診療報酬明細書(レセプト)」を発行し、保険者(ほけんじゃ)に診療報酬を請求します。

実際の診療報酬が振り込まれてくるのは3ヶ月後ですから、非常に気の長い話です。

波乗りクリニックも開業から一ヶ月がたち、節目となるレセプト点検・発行を迎えます。

以前に勤務していた病院では院長はじめスタッフ総出で直前のレセプト点検を行っており、連日深夜まで残って作業をされていました。

開業後は私が責任者ですから、今度は最後まで自分でやる必要があります。(事務に丸投げではダメなのですよ、これが)

昨夜は遅くまで、事務スタッフと協力して、何とか初回のレセプトを提出する直前まで仕上げることが出来ました。

ちょっとほっとします。

後は20年、30年、毎月これの繰り返しです。ぞっとするような話ですが、単調な毎日にならないよう、日々診療のブラッシュアップに努めなくてはなりませんね。