波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

訪問歯科診療の威力!~口腔ケアは大事です~

約 1 分
きわ歯科クリニックの訪問車
きわ歯科クリニックの訪問車

 先日、訪問診療を行っている患者さんで、うれしいニュースがありました。

 この方は口内炎がひどく、それが元で食事がうまくとれず、時に誤嚥性肺炎を起こしたりしていたのです。

 食事がとれないので、日に日にやせていきます。

 口内炎を何とかしようと、軟膏を塗ったり、薬を噴霧してみたり、いろいろしてみましたが、いずれも今ひとつです。

 そもそも私や介護するひとが口を触ろうとすると(痛いのか)、とても強く抵抗され、治療もまともに出来ない状態です。

 そこで困った時の「きわ歯科クリニック」と言うことで、口腔ケアをお願いすることに。

 どうやら中途半端に抜け残った歯の根っこが口内炎の原因だったらしく、処置をしてもらうことで口内炎は終息に向かいました。

 するとみるみる食欲が回復し、くだんの患者さんはもりもりご飯を食べるようになり、肺炎の状態も改善してきました。

 恐るべし、口腔ケア!これまでの苦労は何だったのか?

 さて、誤嚥性肺炎は在宅医療に限らず、高齢者医療に関わる人が避けて通れない問題です。

 口腔ケアをしっかり行うことで誤嚥性肺炎の発生を減らせることははっきりしているのですが、まだまだ高齢者の口腔ケアはしっかり行われていません。

 肺炎を起こしてから抗生物質をジャブジャブ使うより、しっかり口腔ケアを行う方が先のようですね。

 この問題に取り組むため、波乗りクリニックが率先して「医科」と「歯科」の連携に取り組みたいと思います。