波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

ギャンブル依存症500万人!

約 1 分

スロットギャンブル依存症に関する推計値が、厚労省の研究班から初めて出されました。(代表、樋口進・国立病院機構久里浜医療センター院長)

「ギャンブル依存症」の疑いがある人が、国内に五百万人以上いるとするもので、これが事実だとすると成人の約5%に上る凄まじい数です。世界のほとんどの国が1%前後にとどまるのに比べて日本は非常に高い割合だと、同研究班は警告しています。

賭博行為は法律で規制されていますが、それにもかかわらずこの数字は何なのか?

公営ギャンブルだけではなく、グレーゾーンのパチンコ・スロット依存症も含めた数字と思われます。

研究班は、海外ではカジノがあるのは特定の地域にとどまるのに対し、日本はパチンコやパチスロが身近な所に普及しており、ギャンブルに接しやすいのが高い割合の要因とみているようでまさにその通りだと思います。
 また政府はカジノを中心とする統合型リゾート施設の導入に向け、準備作業を加速させていますが、研究班の樋口代表は「ギャンブルには必ず負の側面がある」と慎重な議論を求めています。

 カジノはパチスロと違って大人の楽しみで、また、お客は外国人だからそこまで心配しなくて良いという考えもあるようですが、実際ギャンブル依存症になりやすいのは、こうした施設で働く従業員と言われています。そのカジノで働いて得た給料をギャンブルにつぎ込んでしまう現象は、日本ではあまり知られていませんが、今まで見てきたギャンブル依存症の人はそういった施設で働く人が多い印象があります。ミイラ取りがミイラになるようなもので、これには注意が必要です。