波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

島根か鳥取か分からないけどそこら辺に行きました。

約 1 分

島根か鳥取か分からないけどそこら辺に行きました 9月6日(土)、7日(日)の両日、第32回中国・四国アルコール関連問題研究会島根大会が松江市にて開催され、土曜日の午後診療が終わった後で島根に行ってきました。

 島根県といえば、10年くらい前にはお隣の出雲市に住んでいたことがあり、宇部市との往復で結構大変だった思い出があります。

 今回は夜の出発ということで車以外の手段がないため、山陽自動車道→三次(みよし)→松江自動車道を通っての島根行きです。

 昔は三次から一般道を通って、とても時間がかかっていましたが、最近になって松江自動車道ができ、とても便利になったようです。

 片側交互通行なので結構怖い思いもしましたが、ふらふらになりながら、22時過ぎには何とか松江入りすることができました。

 高速道路は神経がすり減ります。便利は便利ですが、疲労感はあまり変わらないかもしれません。

 さて、日曜日の研究会ではシンポジストとしての発表・討論をなんとか終え、すぐに宇部までとんぼ返りです。

 (さいわい、在宅患者の皆さんも病状が安定していたため、松江から宇部まで急遽呼び戻されることにはならずにすみました。)

 帰りの宍道湖SAでおもしろいお土産を発見!

 よく言われることですが、島根と鳥取はその違いがわからないことが多々あります。

 これはそのことを逆手にとった自虐的なお土産ですね。ここまでやれば清々しいです。

 あくまでお土産商品です。私がこう言っているわけではないですよ。

 肝心の研究会・シンポジウムの内容はまた後日。