波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「対インフルエンザウイルス」シフト

約 1 分

インフルエンザ今日は秋のお彼岸。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉の通り、日中の暑さも一段落し、朝夕は本当に寒くなってきました。

この頃になると、「インフルエンザ」の事が頭をよぎります。

まだまだ先の事の様に思われがちですが、実は今年度の予防接種開始が10月からと、わずか1-2週間後に迫ってきています。
インフルエンザ予防接種開始を前に、波乗りクリニックでも「対インフルエンザ」シフトを検討・準備中です。

また宇部市では今秋から肺炎球菌ワクチンの一部公費助成がスタートしますので、あわせて準備を行っている最中です。

まあ普段から気をつけてはいることなのですが、まずは職員をはじめとする予防接種の徹底、基本の手洗いの、さらなる励行。

ここからのスタートが大事ですね。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが人から人へうつることでひろがっていきます。
インフルエンザにかからないようにするためには、インフルエンザウイルスを知ることがだいじです。

ところが、医療従事者であっても、意外とインフルエンザのことを理解していないことがあります。

実診療と同時に、正しい情報を発信していくことも開業医の大事な役目ですから、今後、このブログでもインフルエンザ、その他感染症の話題に触れたいと思います。