波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

ニンニクと牛乳

約 1 分

menu04_07 ニンニク入りの食べ物はとても美味しいのですが、職業柄、翌日の外来のことを考えると滅多に口に出来ません。

 その代表である餃子は、私の大好物でもあるので、家内に頼んで「ニンニク抜き」のものを作ってもらいます。これはまず問題ありません。

 問題は外食の時の「ニンニク」です。

 焼き肉に行くと、肉より美味しい「石焼きピビンバ」「ユッケジャンクッパ」が私を誘惑します。

 もちろん、「ニンニクたっぷり」です。

 さてどうするか?

 あらかじめ「ユッケジャンクッパを食べるぞ!」と意気込んでいくときはあらかじめ大量の牛乳を飲んでいきます。

 以前にどこかで聞いた「ニンニク対策」の中に、「牛乳の中のタンパク質がニンニクの臭い成分を吸着する」という説があれ以来是を実行しています。他の人の感想を聞いたわけではないので何とも言えませんが、何となく効果がありそうです。また、牛乳でおなかがいっぱいになるため、高いお肉をあまり食べずにすむので、一石二鳥です。

牛乳の食後服用も効果がありそうですが、食前投与の方が、なんというか、腸の中にニンニクが来るのを牛乳中のタンパク質が待ち構えていてくれそうで、何となく効きそうな気がします。

ちなみに昨夜はついうっかりニンニクを食べてしまい、食後に牛乳を服用しました。

今日のスタッフの反応が楽しみです。

いや、すみません。マスクして外来します。