波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「ラチ と らいおん」

約 1 分

ラチとライオン「ラチ  と  らいおん」 福音館書店(世界傑作絵本シリーズ―ハンガリーの絵本) 単行本 – 1965/7/14

マレーク・ベロニカ  (著, イラスト), とくなが やすもと (翻訳)

子供の頃、夢中になって読みました。

最初は「らいおん」に手伝ってもらい、強くなっていくラチですが、やがて別れの時がやってきます。

永遠に、いつまでも助けてくれる人はいません。

よく言われることですが、「魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ」ということでしょう。

わたしにとっての「らいおん」が誰だったのか?今となってはわかりませんが、もう近くにいないことだけは事実なようです。

しっかり、自分の足で立って歩かなくてはなりません。

 あらすじ:
ラチは気の弱い男の子。犬を見ると逃げ出すし、暗い部屋には怖くて入ることができません。おまけに友だちからも仲間はずれにされてしまいます。そんなラチがある日、強くていいなあと憧れていたライオンに出会います。その日から、強くなるためにライオンの特訓を受けるラチ。毎朝いっしょに体操をして、少しずつ自分の弱さに打ち勝ちはじめます。