波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「おこりんぼママ」

約 1 分

おこりんぼママ「おこりんぼママ」  – 平成12年11月
ユッタ バウアー (著), Jutta Bauer (原著), 小森 香折 (翻訳)

ちょっとシュールなオープニング。

ママに怒鳴られたペンギンの「ぼく」が、バラバラに飛び散ります。
あたまは宇宙に、おなかは海に、つばさはジャングルに…。そして「ぼく」は足だけになってしまいます。
だけれども、最後に「ぼく」のかけらを拾い集めて、元通りに縫い合わせてくれるのも、またママなのです。

「子供に対して、ついつい感情的に怒ってしまう。そんな自分を何とかしたい…」
そんな気持ちでクリニックを訪れる、お父さんお母さんに出会うことがあります。

ほんのちょっとのお薬と、ほんのちょっと一歩踏み出し、自分を振り返る力があれば、何とかなるケースも多々診てきました。

話を聞きながら、自分自身の子供に対する態度を反省させられることもしばしばです。

そんなときにおすすめなのが本書。

表題では「ママ」ですが、「パパ」と読み替えても、「おじいちゃん・おばあちゃん」「お兄ちゃん・お姉ちゃん」でもいいでしょう。

怒られてばかりのお子さんにも読んでほしい一冊です。