波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

インフルエンザが猛威を振るう

約 1 分

悪寒冬の風物詩とも言えるインフルエンザが今年も猛威を振るっています。

子供やお年寄りでは死者や後遺症の問題があるので、風物詩と言った風流なものではないのかもしれません。

さて、例年同様、昨年末から現在はA型が中心です。(私自身は今シーズン、B型は一例しか診ていません)

年末年始や成人式の帰省で人が動き、ウイルスがシャッフルされて、全国に蒔かれていきますので、完全な予防は困難です。

あとは個人個人の防御が中心になっていきます。

一に手洗い、二に手洗い、三四がなくて、五に「顔を触らない」です。

大事な受験や仕事を控えている人、十分に注意してください。

風邪症状だけでなく、悪寒と節々の痛みを訴える人はインフルエンザの可能性が高いですね。

すでにかかってしまった人は、栄養と睡眠をよくとり、処方薬を服用してゆっくり休んでくださいね。