波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

あれから20年

約 1 分

阪神淡路大震災あれから20年。

夜明け前、ぐらぐらと揺れるベッドの上で目覚めました。

「地震だな、割と大きいな」そう思いつつまた夢の中へ…。

目覚めたのは本格的に目覚めたのは8時前。

テレビをつけ、とんでもないことが起きていました。

現実とは思えない光景です。

山口でも震度3。私が目覚めるくらいだったので、遠く離れた震源地の揺れはいかほどだったのか?

当時、神戸の大学生だった家内は、実家のある山口へ連絡するため、公衆電話の長い行列に並んだそうで、実体験のない私には想像のつかない世界です。

悲惨な震災で幕を開けたこの年は、この後、地下鉄サリン事件をはじめとする一連の「オウム関連事件」もおこり、近・現代史の中でも特異な年となりました。

今年も後、残すところ348日。

よい一年であってほしいものです。

さて、今日からは大学入試センター試験で、受験生もなかなかに大変ですが、「生きて試験を受けられる幸せ」をかみしめつつ、甘えを捨てて試験に取り組んでほしいものです。