波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

Re:Re:ダイエット

約 1 分

体重計先週火曜日、診療が終わり、帰り支度をしているとき、スタッフの一人が意を決したようにまじめな顔で、私に話しかけてきました。

「ちょっと、気を悪くしたらすみません。院長、院長の後ろ姿は最初にあったときと全然違います。特に斜め後ろからのアゴの形が…。」

「諌言(かんげん)、耳が痛い」とはこのことで、どきっとさせられる一言です。

そのまま当直室へ直行し、おそるおそる体重計に乗ってみると、なんと76.6kg!BMI(ボディ・マス・インデックス)は24.7まで上昇しています。

9ヶ月前の開業時よりも約10kg増加しています。恐ろしい…。

身長:1.76m 理想体重は(身長×身長×22)=68.1kg

ということで、開業時には何とか標準体重をクリアし、一時は66kgまで落としていた体重が、見事に復活しています。

人生でマックスに太っていたときは90kgオーバーで、実に100kg近くまでいっていたこともありました。

3年前、山口大学を去るときには85kgくらいでしたから、その当時を知っている患者さんからは、

「先生、痩せちゃったね!大丈夫?」と心配される状況ですが、開業時の姿しか知らないスタッフからしてみると、今の私は太りすぎなのでしょう。

早速次の日の朝礼でダイエット宣言!

夕方、訪問診療から帰り着いたときに食べる、ひとかけらのチョコレートが最高においしいのですが、当面お預けです。とほほ…。

しかし、上司に向かって、言いにくいことを「ずばり」と言ってくれるスタッフを持って、私は幸せです。

皆に支えられ、今日も私は訪問診療を続けます。

ちなみに一週間たった昨朝の体重は74.0kgで、体重は順調に下降を始めました。

ダイエット初期の体重減少は、過剰だった水分が抜けることが主な理由です。

さて、これからが正念場!訪問診療もダイエットも両方がんばっていきましょう。