波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「宛先が違うよ」

約 1 分

マモリーノ先月のこと、家内の誕生日に子供たちと相談し、本人に内緒でバースデーケーキを準備する計画を立てました。

しかし、当日はあいにくの平日で、いつものように私が車を出して買いに行くことが出来ません。
(開業すると、こっそり職場を離脱するのが困難になってしまいました)

前もって予約し、前払いにしておけば何の問題もないのですが、なにかハプニングがあって取りに行けなくなると先方にも迷惑をかけてしまいます。

そこで一計を案じ、思い切って子供にすべてを託すことにしました。

事前に資金を渡し、当日はメールで連絡を取りながら、ほどよいサイズのケーキを選ばせるのです。

もしも買い忘れたときは私が帰宅途中にコンビニケーキを買って帰る羽目になります。失敗は許されません。

実際、こういう時はお兄ちゃんよりも、妹の方がしっかりしていて頼りになります。大役は娘の肩のみにかかることになりました。

実行当日、道草も食わずにまっすぐ帰宅した娘は、手順通りに歩いてケーキ屋へ向かい、無事に希望のサイズのケーキを購入。

ミッション終了の報告メールを私に向けて送信します。

そこまでは良かったのですが…。メールの宛先が…。

こともあろうに間違えて家内の方に送ってしまったのです。

意味不明のメールに混乱する家内…。

かくして、父娘の連携プレーは失敗に終わったのでした。