波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「宇部興産中央病院 Kirara 医療最前線」

約 1 分

成功するミニFM局

成功するコミュニティFM放送局II《改訂版》 単行本(ソフトカバー) – 2014/1/4
井上 悟 (著)

宇部市にはミニFM局「FMきらら」というのが有ります。

苦戦するミニFMが多い中、成功例として語られることの多い「FMきらら」

その中で毎週火曜夜7時~8時に定期放送されている

「宇部興産中央病院 Kirara 医療最前線」

3月末、ゲスト出演しました。(平成27年3月31日)

あいにくこの日は他にも重要な会議があり、聞くことが出来なかったひとも多かったようなのですね。

その後、録音CDをもらっていたので、YouTubeに投稿したかったのですが、ユーチューブに投稿するためには音声データだけではダメで、動画変換する必要があり、ブログにアップするのが延び延びになっていました。

先日チョットだけ自分の時間が持てたので、やっつけ仕事ですが、とりあえず動画に変換してみました。(写真はテキトーです)
在宅医療のこと、宇部興産中央病院と波乗りクリニックの連携について、FMきらら代表取締役兼パーソナリティの「いのうえさとる」さん、宇部興産中央病院地域連携室の原野さんの三人でトークしています。

好きな曲を2曲リクエスト出来るということで、調子に乗って2曲とも私の大好きな「村田和人(かずひと)」さんをかけさせてもらいました。

一曲目は「Life is Fun」(収録アルバム: 『ずーーっとずっと、夏。』)、二曲目は「R-134 波浪警報」(収録アルバム:『夏!夏!夏! BEST ALBUM -NON STOP DJ MIX- UNIVERSAL EDITION』)

「FMきらら」の基本方針としては「曲は最初から最後までかける」となっているようで、私のリクエストもきっちり2曲、途中でフェードアウトすることなくかけてさせてもらいました。(「ミュージシャンが思いを込めて作った曲を放送局の都合で勝手に編集してはいけない」という気遣いのようです。素敵ですね。)

しかし、私が20-30分あるようなクラシックをリクエストしていたらどうなっていたんでしょう?
なんて、くだらないツッコミはさておき、限定公開でユーチューブにアップしています。
是非、聞いて(見て?)ください。(60分もありますが…。)

↓限定公開です。↓