波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「あいうえお チップス」

約 1 分

あいうえおpotatochips普段は人と対話することを生業としている私。

救急外来で一番困るのは、「会話できない患者」

いわゆる「意識障害」の患者です。

マニュアル嫌いの私ですが、意識障害の患者が救急車で入ってくる前に必ず唱える呪文。

それが、「あいうえお チップス」です。

正確には「AIUEOTIPS」です。

元々は欧米で「カーペンターの分類」といわれ、救急医療の分野で用いられます。意識障害の鑑別診断方法の頭文字を並べたものです。

「AEIOUTIPS(あえいうお)」を日本風に「あいうえお」と五十音順に並べ替えたものを日本の医学生は覚えます。
(原典はまるで「発声練習」みたいですね。「あ・え・い・う・え・お・あ・お!」放送部時代が懐かしい!)

さて、私の勝手なノスタルジーは放っておいて、大事なのはカーペンターの分類(日本版)です。

A:alcoholism (急性アルコール中毒)
I:insulin (インスリン) 血糖値異常
U:uremia (尿毒症)
E:endocrine(内分泌異常)
     encephalopathy  脳症(肝性)
     electrolytes(電解質異常)
O:opiate/oxygen(鎮痛薬/低酸素)
     overdose(薬物中毒)
T:trauma(頭部外傷)
I:infection 感染症(脳症・髄膜炎)
P:psychiatoric(精神疾患)
     Porphiria(ポルフィリア)
S:stroke/SAH 脳出血・脳梗塞(脳卒中)/ くも膜下出血・急性大動脈解離
    shock(ショック)
    seizure(痙攣)

頭文字をとって「AIUEOTIPS」!

今日も呪文を唱えながら、いざという時に備えます。