波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「不幸な子供」

約 1 分

不幸な子供「不幸な子供」
エドワード ゴーリー (著), Edward Gorey (原著), 柴田 元幸 (翻訳)

人間、どんなに「ポジティブシンキングでいこう!」と思っても早々上手くはいかないものです。

ならば徹底的にダークな部分を掘り起こして、掘り起こして、徹底的に掘り起こせば、あとは笑うしかなくなります。

普通の本屋さんの、普通の絵本コーナーにはおいてないであろう、ゴーリーの「絵本」

一般的にはあまりおすすめできませんが、一部の人にはおすすめの一冊です。

 

商品説明:
人気のゴーリー、邦訳第4弾の本書は、文字どおり不幸な少女の物語。
ある日、軍人の父親にアフリカ行きの命令がきた。それが、主人公シャーロットの不幸のはじまりだ。以来、父の戦死、落胆してたちまちやつれ死ぬ母、ただ1人頼みの叔父は、こともあろうにレンガの落下で脳天を割られ、あっという間に孤児になるシャーロット。寄宿学校へ入れられるが、そこでもいじめられて脱走、悪人の中へ。ところが、死んだと思われていた父が生還。あろうことかそれがさらなる不幸のきっかけになろうとは…。

苦労や不幸があっても、ハッピーエンドでカタルシスにもっていくのがお話の定型だとすれば、これは、ページを繰るたび不幸また不幸、不幸のどん底へまっしぐらの、型破りなお話。でも、これだけ徹底して悪いことが続くと、「ここまでやるか!」といっそ小気味よく、しまいに笑いがこみあげて、それなりに浄化もされるから不思議だ。有無を言わさずどんどん進むテンポのせいか、気品ある訳文のおかげか、それとも、私たちの心の奥に隠れていた、人の不幸を喜ぶ悪いタネが、意地悪なゴーリーに暴かれての苦笑なのか。

白黒の、緻密なペン画の1コマごとに、トカゲとコウモリが合わさったような、怪しい生き物が見え隠れしている。そいつが、シャーロットの不幸をいつものぞいている。そしてその小怪獣の目は、絵の中から、本書を見ている私たちのことも、見つめ返してくるようだ。(中村えつこ)