波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

クリスマスイブの翌日に

約 1 分

クリスマス

 以前、大学に勤めていたときの出来事です。11月末のある日、夕方遅くまで会議がありました。会議も終わりに近づき、参加者全員が疲れた様子です。司会の職員から、
 「この次の定例会議が12月25日に行われることとなりました」
 と報告があり、出席者からため息が漏れました。

議長の某教授がそれを聞き、付け足すように、
「その日は『クリスマスイブの次の日』で、早く帰りたいと思いますけど、どうか出席よろしくお願いします」と、
穏やかな長崎弁でおっしゃったのです。

「それって、クリスマスですよね?」と誰かがぼそりとつぶやきます。
そしてゆっくりと、さざ波のような笑いが広がり、場が和やかなムードに包まれたのでした。

わたしは一日の疲れが、ほんの少しとれたような気がしました。
その教授が本気だったのか、はたまたジョークだったのか、今となってはわかりませんが、人間、こうありたいものだと思います。