波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「星間戦争?」

約 1 分

スターウォーズ・エピソード7先週末。スターウォーズ・エピソード7(フォースの覚醒)が公開され、レイトショーで見に行ってきました。

もちろん、東京やニューヨークの映画館ほどの盛り上がりはありませんでしたが、コスプレイヤーも居たりして、それなりに楽しんでくることが出来ました。全世界同時公開ということもあって、宇部では珍しい、明らかに東洋系ではない、外国人風の風体の人もいましたね。

そして、なぜか知り合いの姿を異様に多く見かけました。類は友を呼ぶ…?

さて、内容としては(ネタバレはいけませんが)、個人的には一番最初に公開されたエピソード4の感じに似たストーリー仕立てで、王道を行く筋書き。安心してみていられました。中学生の頃に戻ったような気がします。

ところで、「スターウォーズ」、日本語にすると、「宇宙戦争」あるいは「星間戦争」と言うことになるんでしょうけれど、よくよく考えると、「戦争」と銘打った映画がこれだけ注目されるのもなんだかへんな気がします。映画の中でも、くだらないことでばたばたと人が(宇宙人が?)、バタバタと死んでいきます。こんなとき、普段、「戦争反対」を訴える人たちはどこへ行ってしまったのでしょう?

大人になってしまうと、妙なことが気になります。