波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「娘に届いた父の絵はがき」

約 1 分

naminori-clinic_20151223_01_001R「娘に届いた父の絵はがき」(平成27年)
村田和己 著
印刷:株式会社きじろくせんたー(宇部市西岐波)
定価:1,000円

さて、皆さんの所へはサンタクロースはやってきましたでしょうか?

私の所へはいつもより早く、サンタクロースからのお便りがありました。

以下、前書きより抜粋。

「お父さん文通しようよ スケッチでも送ってよ!」
さりげない娘の一言から
父は絵ハガキを描き始めたのです
娘は大学進学のため新しい世界へ
旅立とうとして準備に忙しそうだったが
満面の笑顔で父を励ますような声だった
末娘はほどなく他県で学生生活をはじめ
長女も結婚して郷里を離れていった

秋になると
妻と二人だけの抜け殻のような我が家に
千鳥ヶ浜から潮騒が響いてきた
私は絵ハガキを毎日描き続けた
描き続けていると忘れていた夢が
自由に踊りはじめ
ハガキの上で文字になり絵になっていった