波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

アドラー「人生の意味の心理学」

約 1 分

人生の意味の心理学アドラー「人生の意味の心理学」

仕事と子育てに追われる我ら40代ですが、現実逃避で「あの時に戻りたい」と、願う機会が多々あります。

いわゆる「黒歴史」を消してしまいたいのですが、現実にはそうはいきません。

否が応でも過去や現実・未来と対峙しなければならないのが実情です。

過去は変えられなくても未来は変えることができると説き、多くの人々を勇気づけているアドラー心理学。

過去は変えられなくても、そこに自分で意味を与えれば、自分の人生をやり直すことが可能です。

一見難解そうな書物をわかりやすく解説してくれるこのシリーズ。おすすめです。

問題は、我が家にはテレビがないということ!

第1回 人生を変える「逆転の発想」
【放送時間】
2016年2月3日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2016年2月10日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
2016年2月10日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)ホームページより

「性格は変えられる」「トラウマなど存在しない」「嫌われる勇気をもて」等々、常識を覆すような幸福論を掲げ、今、多くの悩めるビジネスマンや若者たちに、人生の指針として読まれている心理学者がいます。アルフレッド・アドラー(1870-1937)。フロイトやユングと並び称される心理学の三巨頭の一人です。個人心理学という新しい心理学を創設し、教育や人材育成、カウンセリング等の領域で、今も大きな影響を与えています。100分de名著では、そのアドラーの主著「人生の意味の心理学」を現代の視点からわかりやすく解説し、アドラー心理学の入門編としたいと思います。
アドラーは第一次世界大戦の戦争体験などを通して、人間の心理の本質を究明。フロイトともにウィーン精神分析協会の中核メンバーとして活躍しますが、やがて立場の違いからフロイトと袂を分かち、独自の心理学を構築していきます。その思想は、過去の原因ではなく未来の目的を重視し、人間は自分自身の力で人生を意味づけ変えていくことができるという、ポジティブな人間観に貫かれています。
アドラーの著作がここまで人々の心を魅了してやまないのはなぜでしょうか? 哲学者の岸見一郎さんは、アドラーが難解な専門用語を極力使わず、「どうすれば幸福になれるのか」「いかにして生きていけばいいのか」についての明確なイメージをシンプルに提示しているからだといいます。そして、自らの劣等感への向き合い方や複雑な対人関係のしがらみから解放される方法が、極めて実践的に書かれていることも大きいそうです。
番組では、アドラーの著作から「幸福論」「生き方の変革」「対人関係の在り方」「内面との向き合い方」など、現代人が必ず直面するさまざまな問題を読み解き、「人間はどうしたら幸福になれるのか」という普遍的なテーマを考えていきます。