波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「はずれ先生」にあたったとき読む本

約 1 分

はずれ先生にあたったときに読む本「はずれ先生」にあたったとき読む本
立石美津子 (著)

フォルカー先生のような人はなかなか居ないのが現実です。

もしもフォルカー先生が今の日本にいたら…。かえって、潰されてしまっていたかもしれません。

先生も人の子、子供の親もまたしかりです。

当たり前の事だけど、言われないとなかなか気づかないこと…。

「はずれ先生」、「はずれ生徒」、「はずれ親」と言っていないで、お互いに歩み寄ることが大事なのかもしれません。

内容紹介:
幼稚園、保育園、小学校…新学期が始まって、いちばん気になるのは、「うちの子の先生が、誰か!?」。選べない先生だからこそ、当たりの先生ならいいけれど、ハズレ先生だったら、どうする!? かわいいわが子を人質にとられたかのように嘆くよりも、親の付き合い方ひとつで、ラクになる…そんなちょっとした付き合い方のコツをまとめました。「選べる」塾や習い事の先生の見極め方まで網羅している、お得な一冊です。