波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「結局、感染症なのか?」

約 1 分

pixta_13571489_S先日、メールで送られてくる医学情報を流し読みしているときに、興味深い記事がありました。

【ネコの糞に含まれる寄生虫で「怒り病」生じる可能性】

というタイトルで、激烈な怒りを表出する人たちの間でトキソプラズマの既感染者が多いとのこと。

原著はこちら

後ろ向きに大規模なデータを収集していけば何らかの有意差が出るものなので、これだけでは何とも言えませんが、今までも多くの医学的なブレークスルーが感染症の研究から生まれていることを考えるとあながち間違いではないのかもしれません。(ピロリ菌と胃潰瘍・胃がんとの関係など)

人間の遺伝子も数パーセントはウイルス由来だと言いますし、結局、「精神疾患も感染症」という事で落ち着くのかもしれません。

(そういえば「レナードの朝」もそんなネタでしたね。)

まあ、戯れ言はそのくらいにして、今日も仕事に励みましょう。