波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「在宅専門診療所」ではありませんが…。

約 1 分
2年間変わらない風景
2年間変わらない風景

クリニック開設から丸2年が経過しました。当初の構想としては8-9割以上の患者さんを訪問診療で見ていくことで考えていました。

構想時は「在宅専門」の診療所にすることも検討していたのですが、当時は「在宅専門診療所」というのは公的には認められておらず、「それでは外来もやろう」、「どうせするならしっかりやろう」と言うことで、現在の「内科」「在宅」「心療内科」という当クリニックの診療スタイルに落ち着いたわけです。

午前は外来、午後から訪問、帰ってくるとすぐに夕方外来という現在のスタイルですね。

さて、医療の世界では「診療報酬改定」というイベントが2年に一度行われ、その都度、世相を反映したルール変更がなされます。

この4月がちょうど2年に一度の節目に当たっていたのですが、そこで初めて「在宅専門診療所」が認められることになりました。

そんなわけで、周囲からは「在宅専門診療所にしないの?」という質問も来るわけですが、現時点ではその気は全くありません。

なぜか?

それはまた明日。