波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「統計でウソをつく法」

約 1 分

統計でウソをつく法統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 (ブルーバックス) 新書 – 1968/7/24
ダレル・ハフ (著), 高木 秀玄 (翻訳)

私が生まれる前から邦訳が出ている本書。

統計学の本を何冊か読んでいると、何かしら本書と似たような例話が出てきます。

統計でだまされないためには、「どうやったら統計で人をだますことが出来るのか?」を学んでみるのが一番です。

ただ、これをやっていると、すべてのデータが胡散臭く見え、自分の人間性が少しずつねじ曲がって行く様に感じてしまいます。

疑うのも、信じるのもほどほどに。

内容紹介
だまされないためには、だます方法を知ることだ!
かの有名な英国の政治家ディズレーリは言った――ウソには3種類ある。ウソ、みえすいたウソ、そして統計だ――と。確かに私たちが見たり聞いたり読んだりするものに統計が氾濫しているし、「平均」とか「相関関係」とか「トレンド」とか言って数字を見せられ、グラフを示されると、怪しい話も信じたくなる。しかし、統計数字やグラフは、必ずしも示されている通りのものではない。目に見える以上の意味がある場合もあるし、見かけより内容がないかもしれないのである。私たちにとって、統計が読み書きの能力と同じぐらい必要になっている現在、「統計でだまされない」ためには、まず「統計でだます方法」を本書によって知ることが必要なのである!