波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

世代を超えて

約 1 分

夕陽_R今年で大東亜戦争の敗戦から69年目。

 父や私よりもずっと優秀で善良な人たちから先に犠牲となり、貴重な体験や遺伝子が失われました。また全土が未曾有の空襲にさらされ、家を焼かれました。まさに全国民がPTSDになったとしても不思議はない、異常な状況です。その中から私たちの先輩方は這い上がり、経済的な発展を武器に日本をここまで導いてきました。

 PTSDは世代を超えて連鎖します。

 祖父は教え子の多くを戦地に送ったことを悔やみ、まともに教員が続けられなくなりました。
 立派な軍人になることを夢見て勉強した父は、目標を失い自暴自棄になったこともあるようです。

 戦後生まれの私たち、戦争によって引き起こされたPTSDを背負った人たちから育てられた、私たちの世代も他人事(ひとごと)ではありません。戦争によって国土が荒廃する中、日本中の家庭にPTSDという目に見えない置き土産を残していきました。毎日のように報道される悲惨な事件も、案外と元をたどればここに行き着くのではないかと思うのです。
 おそらく、ここから完全に立ち直るのには何世代か経る必要があるでしょう。その間にまた悲惨な体験が重なれば、終わることのない連鎖が続きます。

  しかし、その一方で、強制収容所を生き延びた人、悲惨な災害を生き延びた人のなかにはストレスに打ち勝ち、豊かな人生を築く人も大勢いると言われています。ここに日々のストレス(ストレッサー)にさらされた私たちが、これに打ち勝つためのヒントが隠されているようです。
 この続きはまた後日。