波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「ギャップ」

約 1 分

%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%aa%e6%9c%a801「ギャップ」

これ大事ですね。

「一見怖そうな人が、実は優しかった」というパターンはいいのですが、

「一見優しそうな人が、実は怖かった」というのは…。

さて、永遠の名作「おおきな木」、原題は「The Giving Tree」といいますが、原作には日本語訳にはない「作者の写真」が裏表紙に載っています。

これが「チョット怖い!」

日本の子ども達にも人気の絵本、「グレッグのダメ日記」シリーズにもこのことが出てくるのですが、原作を見たことがない日本の子ども達にはネタ元がわからず、おもしろさも半減してしまうように思います。

どうでしょう。この作者。

チョット観ると怖い感じがしますが、この絵本の作者だと思うと、次第に愛着がわいてきます。

いいギャップの一例でしょうか。

%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%aa%e6%9c%a802