波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「ハドソン川の奇跡」

約 1 分

%e3%83%8f%e3%83%89%e3%82%bd%e3%83%b3%e5%b7%9d%e3%81%ae%e5%a5%87%e8%b7%a1映画『ハドソン川の奇跡』

監督:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス

主演のトムハンクスは、時々、「実際にあった事件」をなぞっていく映画に出ていますね。

上映時間は93分とコンパクトにまとまっていて間延びしていないので、見疲れが少ないのはいいところです。

さて、ある人が必死でやったことでも、後から「その判断は正しかったのか?それはベストの選択だったのか?」と問われると、チョットきついものがあります。

確かに、たとえば、リポビタンDのCMでは、チームワークで窮地から脱出するのが定番ですが、そもそも「その窮地に陥ったのはなぜ?」という、根本的な疑問がわき上がってきます。

現実世界では「結果オーライ」とはいきません。あとから検証すること(犯人捜しではなく)は、事件の後により良いものを提供する体制を作るため必要なことです。

少し悪者に描かれている国家安全運輸委員会の人たちがお気の毒…。