波乗りクリニック

「9円80銭」

350 views
約 2 分

チューペット うちの某スタッフに言わせると、「チューペット」と言うのが世界標準なのだそうです。

 1975年に発売され、2009年に販売を終えるまで、世界中の人に愛されました。

 類似商品は今でも流通しています。(というよりも、九州出身の私は類似商品しか口にしたことがありません!)

 しっかり凍らせて冷蔵庫から取り出し、素早く二つに折ります。冷凍が甘かったり、冷蔵から取り出して時間がたった場合はうまく二つに折れないこともあり、イライラさせれましたね。

 量の多い方や、食べやすい方を巡って、兄弟げんかのタネになります。

 一人で食べるときは半分を立てかけておいて後で食べるのですが、途中で倒れたり、あふれたりして惨劇を招くこともあり、誰しも思い出深いものではないでしょうか。

 呼び名もローカルによって様々で、「チューペット」「ポッキン」など様々ですが、小早川家では

 「9円80銭」

 という名称で呼ばれていました。

 「ちょっと、9円80銭を食べようか?」という具合に使われ、ちょっとした暗号でした。

 単に近所のマルショク(スーパー)にて10本入が98円で売られており、1本あたりがチロルチョコより安いと言うことで、安直に付けられた名称でした。

 しまいには「9円80銭を買ってきて!」などと、「お金でお金を買うの?」という、訳のわからない会話になります。

 子供たちは明日から夏休みで、アイスクリームの消費も増えるでしょう。

 果たして9円80銭で満足できるかわかりませんが、宿題は早めに終わらせて、楽しい夏休みを過ごしてほしいものです