波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「ピアノ中学生」

約 1 分

ピアノ夏の発表会に向け、「断続的に」一生懸命練習している中学生の息子。

このまま続けていけば「一生の財産」になると思うのですが、「練習しろ」というと悪態をつきながらブーたれます。

一昨日は音楽の授業中に「誰かピアノやってる男子はいないか?」と聞かれ、一人手を上げたとのこと。

帰宅後はご機嫌でピアノの練習に励んでいました。

やはり、「人前で披露する」ことが上達につながります。

こそこそやってはだめですね。

実は、私も子供時代は泣きながらピアノの練習をしていました。

まわりの男子でピアノを習っているものはおらず…。

男の子はソフトボール、女の子がピアノ、という時代と地域の雰囲気だったので、恥ずかしくて、まわりには隠していました。

結局ものにはならず…。バイエルを終えるのがやっとでした。

今、子供時代に戻ったら一生懸命練習するのですがね。

もったいなかったですね。でも、しかし、仮にタイムスリップ出来ても、やっぱりやらないでしょうね(笑)

 

 ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」第1楽章Op.53