波乗りクリニック

一般内科・心療内科・在宅医療

「世代交代」

約 1 分

pixta_18891212_S若い人たちの台頭はめざましいものがあります。(「おまえもまだ若いじゃないか!」というお叱りはさておき)

たとえば、アニメーションの世界でも少し前までは「宮崎駿」、その前は「手塚治虫」だったりしたわけですが、この夏大ヒットしている「君の名は」のできあがりをみると遙か上をいっています。こんな時、新旧、世代交代をひしひしと感じます。

以前は「名人芸」とされていたことが、テクノロジーの進歩によって誰でも出来るようになり、特定の個人の努力ではなく、社会全体の大きなうねりがさらなる進歩、世代交代を生んでいるように感じます。

医学の世界も同様で、「スーパードクター」や「行列の出来る名医」が乱発される一方で、後世にいたって神格化され、歴史に名をとどめるような人は出てこなくなりました。さらに言えば、100年あるいは200年前の名医よりも、現代の凡医のほうが、はるかに質の高い医療を提供できるようになっています。(水銀血圧計がこの世に登場して、まだ120年しか経っていないのです…。)

ただ、これも情報が行き渡り、ある程度均質な医療が提供できるようになってきている証拠で、歓迎すべきことなのかもしれませんね。